2018年生体ボリュームイメージング研究会第3回研究会開催案内

せっかくのお越しありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、定員に達しましたため、募集を終了いたしました。

- 日本顕微鏡学会「生体ボリュームイメージング研究会第3回研究会」

3DデータのSegmentationには多大な労力がかかります。特にマニュアルでの作業は大変です。近年、これらの問題に対処すべくAI等の機械学習もしくはそれに類する機能をもったソフトウエアの開発が進んでおり、3D解析を行うものにとって、導入必死の状態になっております。 しかし、導入に当たって現時点で入手・利用可能なソフトは何か?導入にはどんな知識が必要なのか?実際の手順はどうなのか?等、導入に関わるイロハの部分がモヤッとして、一抹の不安を覚える方も多いと思います。 そこで、生体ボリュームイメージング研究会では、現在我々が利用可能な関連ソフトウエアを提供いただいている各社に紹介を行うと共に、実際AIを導入されている方々に実体験をカジュアルにお話いただく研究会を企画いたします。 (先端バイオイメージング支援プラットフォーム共催)

テーマ:AI搭載セグメンテーションアプリの現在
会場 久留米大学福岡サテライト(福岡市)(会場アクセス)
日時 2019年2月22日(金)10:50-17:00 (受付開始10:20)

(定員50名 参加費 無料)
交流会:¥5,000- 18:00- 福岡天神近辺で計画。参加人数を把握次第決定します。


■ プログラム案(変更の可能性があります。)

1. 10:50 - 11:30趣旨説明+α(太田啓介:久留米大)
ネット情報だけで素人がTensorFlowに挑戦してみた。
チュートリアルに従えば、意外と簡単なのね。ディープラーニング
実際に太田がおっかなびっくりやってみた作業を追いかけてみます。

2. 11:30 - 12:20 Hands on session
AIVIA, AMIRA, Dragonflyそれぞれにデモブースを設けますので、
実働しているアプリを皆さんの目で確認してください。
予備知識をもって、午後のセッションに入ります。

3. 12:20 - 12:30 情報共有

お昼の休憩(各自近隣のお店で御願いします。)

4. 13:30 -15:30 ML, DL搭載アプリケーションでのSegmentation workflow
DRVision Technologies LLC, AIVIA 40min
Olient system 長嶋 龍祐 様
Thermo Fisher Scientific, Amira + MAPS 40min
Thermo Fisher science 伊藤 栄祐 様
Object Rsearch Systems, Dragonfly 40min 
マックスネット 上村 逸郎 様

(休憩10分)

5. 15:40 - 16:40
窪田芳之先生(生理学研究所)/浦久保秀俊先生(京都大学)
 Google Cloudを用いた神経組織SEM連続断面データの解析例の実際

6. 16:50-18:00 Hands on session
再び、各演者のブースに分かれていただきます。
実際のデモ機を用いて

閉会

7. 18:30- 交流会 天神近隣のお店にて行いたいと思います。

1月7日公開予定  2月1日までにご連絡下さい。

参加登録フォーム

せっかくのお越しありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、定員に達しましたため、募集を終了いたしました。

- 2019年1月23日 9:53

お問い合わせ先

久留米大学医学部解剖学講座 顕微解剖・生体形成部門

【住  所】 〒830-0011 福岡県久留米市旭町67番地
【電話番号】 0942-31-7541(代表)
【電子メール】 コンタクトフォームよりお願いいたします。